脱毛お役立ち情報

日焼けした肌に脱毛の光を照射することはできない?


日焼けしていると脱毛できないのでしょうか。そもそも日焼けをした肌というのは、紫外線の影響により弱った状態になっています。


そのため、このような状態で脱毛マシンの光が当たると、肌が何らかのトラブルを発生する場合があります。脱毛マシンから照射される光というのは毛母細胞の機能を弱める働きがあります。


このため、肌が弱った状態でこの光に当たるとさらに肌にダメージを与えることになるのです。実際に肌の弱い人は日焼けをした状態で脱毛マシンの光が当たると肌が火傷する場合があります。


ちなみに元々他の人に比べて肌が黒い方ではないかと感じている人は、念のため施術前に相談してみると良いでしょう。もし日焼けをしたとしてもその程度が軽く、日照りもないようでしたら日焼け後2週間ほど経過すれば脱毛できることも多いようです。またサロンによりますが2週間経過した後でもさらに肌の反応をチェックしてから具体的な施術日を決めるところもあるようです。


いずれにしても日焼けした肌の黒色というのは紫外線から体を守ろうとするメラニン色素そのものですが、実はこの色素はムダ毛の黒色の色素でもあるのです。このため、本来ムダ毛にしか反応しない脱毛マシンが日焼けした肌にも反応してしまい、その結果肌のトラブルへと発展してしまうのです。このようなことからホクロの毛も同様な理由から脱毛することができません。


このように日焼けというのは施術に大きな影響を与えるのです。もちろん施術してからすぐに日焼けするのも良くありません。


施術した後というのは肌にダメージが残っています。このため、仮にダメージが残ったままで太陽の光を浴びてしまうと肌にシミが発生してしまったり、火傷をしてしまう可能性があるのです。このため、施術をした後も最低1週間は太陽の日が当たらないように注意してください。


施術した場所にもよりますが長袖を着たりして肌の露出を極力避けるようにしてください。もちろん施術後にスタッフから説明があるかと思いますが細かい点はこちらから質問してみると良いでしょう。