脱毛お役立ち情報

サロンでの脱毛を解約する前に知っておきたいコト


脱毛サロンを利用するときには、仕事の事情で遠くに転勤になったり、改めて考えてみたら割高じゃないかと思い、解約をしたくなるときがあります。


そのようなときに、無事に解約できるのかというのは、非常に気になるところです。


脱毛サロンも、絶対に契約をした人は解約しない、と考えているわけではないので、解約についての条項を設けています。ただ、全てのケースでというわけではなく、一定金額以上のコースということになっていたり、最後に施術をしてもらってから一定期間内という制限があるのが一般的です。


それに、脱毛サロン側の事情ではなく、利用者の一方的な事情によるものでしたら、違約金を支払う事も多くなります。違約金については、法律で認められた権利ではありますが、その上限が設定されています。


すでに施術したサービスの対価に解約によって生じる損害(2万円か契約残高の1割)を加えた金額ということになるのです。もし、施術する前に解約をしたいのであれば、2万円が上限となります。


次に、解約自体は出来るのというと、特定商取引法において、契約期間が1ヶ月以上で、契約金額が5万円超であれば、契約書を取り交わしてから8日以内であれば、クーリングオフが可能です。


この時、気をつけるべきは、解約の意思を脱毛サロンに伝える方法です。電話で手軽に済ませたいと思うかもしれませんが、書面で行うのが基本です。


そして、書面を送るときには、その事実が残るように内容証明郵便で郵送することが万が一の時に備える最良の方法です。その際、解約の手続きをするために、脱毛サロンで足を運んで欲しいと言われることがあります。


万が一、再勧誘されると話が厄介ですから、トラブルを防ぐためにはクーリングオフの代行業務をやっている行政書士に依頼することも一つの方法です。行政書士に依頼すれば、料金が発生しますが、書類を作成する手間や、トラブルになったときの精神的な苦痛を考えれば、決して高くはありません。